「業務の見える化」で働き方改革

無料デモ体験募集中詳しくはこちら

ログイン

トピックス

アップデート

Log+(ログタス)ver.2.5をリリース|ドラッグ&ドロップでファイルアップロード可能に!長時間労働の通知、非出勤状態での利用制限を追加

Log+(ログタス)ver.2.5をリリースしました。

アップデート内容は以下になります。


機能追加・修正

ファイルのドラッグ&ドロップが可能に

タスク追加・編集ページにおいて、ファイルのドラッグ&ドロップが可能になりました。

複数のファイルを同時にドラッグ&ドロップにてファイルアップロード可能です。

ただし、ファイルサイズを1ファイルにつき2MB以内におさめてアップロードを行ってください。それ以上のサイズのファイルでは、正常にアップロードされないことがあります。

20190829_01.png

「長時間労働通知までの時間」の設定が可能に

自社情報編集ページにおいて、「長時間労働通知までの時間」の設定が可能になりました。

出勤処理後、ここで設定した時間が経過するまでに退勤処理がされなかった場合、スタッフ本人とその所属チームおよび上層チームの責任者へメールが送信されます。

長時間労働の抑制や退勤処理忘れの防止に活用できます。

20190829_02.png

弁護士からひとこと
川久保 皆実のサムネイル
鳥飼総合法律事務所
弁護士 川久保 皆実

36協定で定めた1日の上限時間数をふまえ、例えばその1時間前にメール通知がとぶように設定することで、36協定違反を水際でくい止めることができます。

「非出勤状態での利用」権限を追加

「非出勤状態での利用」権限を追加しました。

この権限を付与されていないスタッフは、非出勤状態ではLog+(ログタス)内のページにアクセスできません。

スタッフがLog+(ログタス)で記録せずに業務を行うことを防止するための機能です。

20190829_03.png

弁護士からひとこと
川久保 皆実のサムネイル
鳥飼総合法律事務所
弁護士 川久保 皆実

これまでは出勤処理を行わなくても、Log+(ログタス)内のページ(例えばタスク詳細ページにある業務指示や進捗など)を閲覧できましたが、今回のアップデートにより、特別に権限を付与された人以外は、出勤処理をしなければLog+(ログタス)内のページにアクセスできなくなりました。
これによって、出勤処理を行わずに隠れて業務を行うという事態を防ぐことができ、労働時間をより適正に把握することができるようになります。

「社内公開・全スタッフ編集可」の編集権限を変更

プロジェクトの公開・編集範囲「社内公開・全スタッフ編集可」の編集権限を変更しました。

公開・編集範囲「社内公開・全スタッフ編集可」の場合

  • 「参加スタッフ」はプロジェクトの編集、タスクの追加・編集・作業が可能
  • 「参加スタッフ」でないスタッフは、タスクの追加・編集・作業が可能(プロジェクトの編集は不可)

時刻修正の比較表を表示

時刻修正の確認画面において、時刻修正前・修正後の比較表が表示されるようになりました。

20190829_04.png

共通ログインフォームを設置

Log+(ログタス)公式サイトに共通ログインフォームを設置しました。

スペースID(会社ごとに割り当てられたID)、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力してログインすることができます。

20190829_05.png

まずは、お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ